SPECIAL

Vol.1 伊勢丹浦和店 チーフコンサルタント 高塚 理奈

“小さな身体に秘められた思い”

伊勢丹浦和店に勤務しているという小柄なビューティアドバイザーのウワサを聞きつけた。
身長143cm。そのきゃしゃな見た目とは違い、パワフルに店内を動き回り、
大きな存在感を放つ高塚理奈(32)だ。

ビューティアドバイザーを目指した理由は「服のサイズが合わなかったこと」

高塚は2007年にスックに入社し、同店ではチーフを務める。
ビューティアドバイザーを目指した理由は、スック独自のマッサージ手法「顔筋マッサージ」に感銘を受けたこと。

そしてもう一つ。「私は服を買いに行くと、いつもサイズが合わないんです(笑)。
けれど、お店の人は『お似合いですよ』って、誰にでも言うような言葉しか掛けてきませんでした。

人にはそれぞれ個性があり、一人一人に合わせた言葉があるのではと感じました。私の好きなメイクアップを通して、その人その人、それぞれの心が豊かになる思いを共感したい。だからビューティアドバイザーを志しました」。

秋冬の新作&SUQQUのオススメのアイテム教えます!

服のサイズに困る以外にも、“小柄あるある”の悩みは絶えない。
「まず、見た目で『頼りなさそう』と思われることもあります。私は丸顔で、どうしても幼い印象を与えてしまうので、『顔筋マッサージ』でフェースラインをすっきりさせます。

人からの視線が上からくる事も多く、特に目元に目線を感じるので目の周りをハイライトで明るくしたり、目元のグラデーションをきれいにしたりするよう気を付けていますね。
スックの製品の魅力は『手間いらずで、きれいが実現できること』。秋冬の新作のアイシャドウはきれいなグラデーション作りに一役買っています」。

また、主婦でもある高塚の、忙しい朝にしっかり手入れをしたいというわがままをかなえる、「手間いらず」の一品が、「モイスチャー リッチ マスク」。「家事をしながら保湿がしっかりできるのでメイクのノリも良くなり、揺らぎやすい私の肌にとって必須アイテムです。

アロマテラピーで気軽に楽しく気分転換♪

ビューティアドバイザーの仕事は立ちっぱなしや動き回ることも多く、「疲れやストレスを溜めないようにアロマテラピーで気分転換しています。忙しい生活の中でも自分の肌や心、体と向き合う時間は大切だと考えているので」。

もともとアロマテラピーに興味があったことに加え、日々、お客様をカウンセリングする中で、ライフスタイルやホルモンバランスに心が関係していると感じ、昨年、アロマテラピーアドバイザーの資格を取った。「『眠れない』というお客様にはラベンダーの香りを勧めるなど、会話の糸口になることもあります」と、香りが接客へのヒントを与えてくれることもあるという。

「私が『小柄』を個性と考えるように、お客様一人一人にも個性があります。そして来店目的や悩みもさまざまです。目的に合わせた対応ができるように、会話の時間は特に重視していますね。私なりのコミュニケーションでお客様を心豊かにするお手伝いをしていきたい」と意気込む。

連載INDEXへ戻る

伊勢丹浦和店 チーフコンサルタント 高塚 理奈

Profile 伊勢丹浦和店 チーフコンサルタント 高塚 理奈Profile 伊勢丹浦和店 チーフコンサルタント 高塚 理奈Profile 伊勢丹浦和店 チーフコンサルタント 高塚 理奈

1983年生まれ。身長143cm。2007年にSUQQU入社。
2014年アロマテラピーアドバイザーの資格を取得。お客様一人一人の個性や悩みに合わせたカウンセリングで、お客様とのコミュニケーションを大事にしたいと語る。

SUQQU伊勢丹浦和店はこちら