今さら聞けない、メイクの基本! - アイシャドウ -

おとな美人への解法

今さら聞けない、メイクの基本!基本ポイントで、こんなに美人に

いつの間にか基本を忘れて自己流になりがちな大人のメイク。
今回は基本に立ち返り、見落としがちなポイントや仕上がりが格段に上がるテクニックをご紹介。

難易度の高いグラデーションも基本をおさえて目元美人!

Check! これ、できていますか?
  • ブラシやチップにとったらティッシュなどで軽くおさえる
  • 最初にベースとなるカラーをしっかりとのせて下地をつくる
  • 左右のスイングがグラデーションの基本

Point 1ティッシュで軽くおさえる!

特に濃い色をのせる前には、ブラシやチップをティッシュの上でトントンと軽くたたいて余分な粉を落とすと、キレイに塗ることができます。

Point 2最初のベースをしっかりと!

目元を明るくなめらかに整える土台作りからアイメイクは始まります。
くすみ・色むら・シワっぽさをカバーしてくれる色と質感のベースを選択するのがポイントです。

Point 3左右のスイングでキレイなグラデーション!

ムラのない仕上がりやぼかしがうまくできないのは、なじませるための「スイング」の回数が足りないからかも。どうしても苦手なら、指を使うのもOK。

デザイニング カラー アイズ

ご購入はこちら

なめらかな質感と純発色で、大人の目元をつややかに彩る。
花が咲き誇るようなグラデーションと立体感を演出します。

  • A:ハイライトカラー
    ベースとして使用することで、目元に濡れたようなツヤを、ハイライトとして使用することで、立体感を際立たせるツヤを演出します。
  • B:ニュアンスカラー
    アイホールに広げることで、目元に自然な奥行きを与えます。
  • C:アクセントカラー
    ポイントで使用することで、目元を印象的に彩ります。
  • D:ディープカラー
    ラインとしても、ぼかしても、目元の印象を引き締めます。


  • Aをアイホールにのせます。
  • Cを目の際から幅広く入れます。
  • さらにDを目の際にラインのように入れます。
  • Bをハイライトとして目頭やまぶた中央に重ねます。
    仕上がりのお好みに合わせて、Bの量で輝きを調整できます。